散る散る満ちる

作詞:小竹正人

昔誰かが言ってた 「満月の光は 人の心を 狂わせる」
昔誰かが言ってた 「桜の木は脆い 傷をつけると 枯れてしまう」

(どうにもできない) 恋の結び目がほどけず
(どうにもできない) 逢いたくてまた痛い痛い痛い

満月の下で 桜散る散る 情熱は満ちる
その優しさは 私を悲しくさせるだけです
まっさらになりたい あなた知らない あの日の私は

月の光に 瞞(まや)かされてしまった

昔誰かが言ってた 「夜中に爪切るな 良くないことが 起こるから」
昔誰かが言ってた 「黒猫が通ると 幸せひとつ 逃げてしまう」 

(信じちゃいけない) 迷信ばかりが聞こえて
(信じちゃいけない) ぬくもりばかり欲しい欲しい欲しい

爪を噛むたびに 涙散る散る せつなさが満ちる
願いどおりに ならない夢だけ見ているんです
まっさらになりたい 傷を持たない あの日の私は 
黒い猫から 引っ掻かれてしまった

あなたは私を愛してはいない

満月の下で 桜散る散る 情熱は満ちる
その優しさは 私を悲しくさせるだけです
まっさらになりたい あなた知らない あの日の私は

月の光に 瞞(まや)かされてしまった

昨日あなたは言ってた 「永遠を誓った 人がいるんだ だからごめん」