LDH pictures

佐野玲於出演!村上文学史上、屈指の感動作『ハナレイ・ベイ』の映画化が決定! 10/19(金)全国公開!

MOVIE 2018-05-10

佐野玲於出演!村上文学史上、屈指の感動作『ハナレイ・ベイ』の映画化が決定!
10/19(金)全国公開!

国境や時代を超えグローバルな読者を獲得し、世界に名作・話題作を発信し続ける作家、村上春樹。
名実ともに日本を、そして世界を代表する作家である彼の珠玉の短編作品「ハナレイ・ベイ」がついに映画化!
2018年10月19日(金)に全国公開することが決定いたしました!

 

2005年に発表され単行本、文庫あわせ累計70万部を超えるベストセラーとなっている『東京奇譚集』(新潮文庫刊)の一篇である本作は、
サーフィンに明け暮れる思春期の息子と、シングルマザーで彼を育ててきた母親サチの姿を描いた感動の物語。

 

主演は近年多くの映画・ドラマに出演し、主演から脇役まで目覚ましい活躍を見せる女優・吉田羊。
サチの息子・タカシを演じるのは佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)。
『虹色デイズ』など演技面でも注目を浴びる彼が、本作でも役者として鮮烈な印象を残しています。
サチがハナレイ・ベイで出会う日本人サーファー・高橋には村上虹郎。不思議な魅力を漂わせる青年を自然体かつ抜群の感性で表現。
監督は『トイレのピエタ』が多くの批評家から絶賛された日本映画界の新鋭・松永大司。

 

ハワイ カウアイ島の美しき湾、ハナレイ・ベイで紡がれる
“いま最も輝きを放つ”キャストが “最高の演技”で贈る、感動の人間ドラマ
10/19(金)全国公開!ご期待ください!!

 

 

◆STORY
それは突然の知らせだった。
ピアノバーのオーナーでシングルマザーのサチは、息子タカシが、ハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知る。
サーフィン中の事故で、大きな鮫に襲われて死んだという。サチはハナレイ・ベイに向かい、もの言わぬ息子と対面を果たした。
息子の遺骨と共に日本へ帰ろうとした矢先、彼女はふと足をとめ、息子が命をおとしたハナレイ・ベイへと向かう。
サチはチェアを持って海岸に行き、本を読んで時間を過ごした。時折、じっと海を見つめながら。毎年、この「行為」は続いた。
タカシの命日の時期にハナレイ・ベイを訪れ、数週間過ごすのだ。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。
ある時、偶然出会った、2人の若い日本人サーファー。まだ世間知らずな彼らに息子の姿をダブらせるサチ。
そんな時、2人から〝ある話〟を耳にする。
「赤いサーフボードを持った〝右脚のない日本人サーファー〟がいる」と…
これは、〈人生で一番大切な人〉に会いたくなる、希望の物語。

 

 

原作:「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著
脚本・監督・編集:松永大司
音楽:半野喜弘
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類
配給:HIGH BROW CINEMA
©2018『ハナレイ・ベイ』製作委員会

ツイート facebook LINEで送る